MENU
投稿記事カテゴリー
LINE公式友だち登録

【体験談】稽留流産から自然排出へーその2

  • URLをコピーしました!

(稽留流産から自然流産を経験されつつある方々へ、準備や気持ちの整理に参考になれば嬉しいです。)

大量の出血が続き、ナプキンを頻繁に替えていたものですから、どんどんナプキンが無くなっていきました。
トイレに胎児を流すのだけは避けたかったので、トイレには座りませんでした。
幸い、日曜日でも夜20時まで空いているスーパーが近所にあり、
主人に頼んで夜用ナプキンをいくか買ってきてもらうことにしました。

19時15分、トイレに立ったときでした。塊が排出されたのがわかりました。
「これが胎児だったらどうしよう」
おそるおそる見ると、片手のひらに収まるくらいの赤い血の塊でした。
胎児なのかよくわかりませんでした。

数分後、また同じような量の塊の排出がありました。
辛かったです。まだ続くのかと思うと。
それにずっと立っていたので、少し立ちくらみもしてきました。

とにかく休みたくて、立ったままトイレの洗面台に頭をうずめました。
「自分が直面しているこの状況って一体何なんだろう。」
一息つけたところで、我に返りました。
「手術でお別れしたかったのに、そうならなかったって、どういうことだろう。
今自分がおかれている状況の必要性って何だろう。」

そしたら急に、忘れていた産婦人科医の先生の一言が蘇ってきたんです。
「体にとって、自然排出が一番いい」

胎児が直接お別れを言いに来てくれたのと、私の体を気遣ってくれて自然に降りてきてくれたんだとも感じて、ありがたく思えました。苦痛を和らげてもらっているようでした。

3回目の排出があり、血に混じって乳白色の組織が見てとれ、明らかに前の2回目のものとは異なる内容のものでした。やっと終わったと思いました。
「ありがとね、バイバイ。」という気持ちでいっぱいでした。

その後も腹痛は続きましたが、体も気持ちも楽になり、出血量は明らかに減りました。

日本では自然流産の内容物を、検査のために受け付けてくる産院があるようですね。
フランスもそんなシステムだったらいいのにって思いました。
自分では処分できなかったので、きれいな袋に何層かに入れて、主人が手伝ってくれました。

2人目の妊娠を報告していた家族や友人に、流産になったことを報告しました。
みんな「辛かったね、大変だったね」って言ってくれるんですが、
私は不思議とそんな気持ちではないんです。
流産がわかった時、子どもが生まれてくる事って奇跡なんだって思いました。その時は辛い気持ちもありました。

土曜日、2人目の妊娠を伝えていた長男に、状況を説明する気持ちの整理がつきました。6歳の息子には「赤ちゃんは、別の遠くにあるお家に帰っちゃうよ」とだけ伝えました。
日曜日、腹痛で苦しんでいるとき、胎動が激しくてママのお腹痛かったんだよと以前話し聞かせていた長男から、「今ママのお腹を蹴ってるの僕じゃないよ」、と慰められて息子の心の温かさを感じました。
なにより、金曜日からずっと気遣ってくれている主人の存在が一番ありがたかったです。主人も私と一緒に不安を感じてくれていたお陰で、私の不安は半減しました。

今回授かった胎児にはありがとうの気持ちでいっぱいで、いわゆる天国なんてところがあれば、いつか会えるような気持ちでいます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア&コメント、嬉しいです☕
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • うちの奥様も今同じ状況で、稽留流産の手術が10日後ですが、5日前から出血が始まり、量も多くなっています。自然排出を考えていた矢先にこちらの体験談を見つけ、奥様に読み聞かせたところ、分かりみが半端ないと涙ながらに感想を述べていました。しっかりと奥様をサポートしたいと思います。

    • 旦那様のサポートに奥様もとても心強く感じていらっしゃることだとおもいます。お二人ともお体を大切にされてくださいね。メッセージくださり、嬉しかったです。ありがとうございました。

コメントする

目次