仕事のスイッチを入れるには

ライフコーチ 家族

初対面の甥と。

食事もトイレも忘れるくらい
わたしはテレビゲームがもともと好きで、

だからこそ学生時代は
ゲームから距離を
できるだけ置いていたのですが、

社会人になり、仕事でゲームを
プレーしなければいけなくなった時が
ありました。

このゲームのどんな要素を前面に見せたら
フランス人の心に響くだろう

そんなことばかり考えながら
プレーしていたら、

このゲームをわたしは
楽しいと感じているのか
感じていないのか
わからなくなることがあり、

ゲームが義務
になっている自分に気付いた時、

好きなことと仕事はもしかすると
一緒にしてはいけないのかも、

という気持ちがよぎることがありました。

それから数年。

仕事=楽しむもの

そう段々と思え始めた今、

あの時の仕事を今するとしたら
どんな風にアウトプットするだろう。

11歳、初対面の甥とは
Nintendo Switchの
ゲームの話で盛り上がり、

あなたの歳で
そのゲームは
まだ早いんじゃないの?

と言うほうがきっと
大人としては
正しいのだろうけど、

ああだよね
こうだよね

と甥が言うのがわかるようで嬉しくて
喜んで聞いてしまう。

伝説のゲームと勝手に思っている
糸井重里さんのMothersと、

「くだらねえ」と岩田元社長が喜んだという、
坂本 賀勇さんのメイドインワリオを、

そのうち存分にプレーしてみたい。

「仕事は楽しむもの」だとしたら、明日からまず何をしますか/何をやめますか?

マガジンでお会いできるのを楽しみにしています

海外で実現したい夢・目標に向かう方にお届けするメールマガジンを配信しています。
メールアドレスをご入力後、下の送信ボタン(Subscribe)を押してください。
メルマガ解約もワンクリックで行えます。

* indicates required
メールアドレスをご入力後、下の送信ボタンを押してください。メルマガ解約もワンクリックで行えます。

Intuit Mailchimp


バックナンバーをこちらからお読みいただけます

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

コメント

コメントする

目次