MENU
投稿記事カテゴリー
LINE公式友だち登録

苦手な育児を好きになった自分軸の評価

苦手な育児を好きになった方法は自分軸の評価
  • URLをコピーしました!

育児の大変さや、育児と仕事に対する考え方を
ある男性から耳にしました。⁡
その方の発言には、説得力があり、同じ育児をする立場から共感もしました。⁡

子どもはかわいい、でも育児はもともととても苦手でした。

育児が苦しかった時期は、
仕事をやめたばかり、
新しい土地に引っ越したばかり、
2人目を出産したばかりで、
近くに家族も、まだ友人もいなかった頃でした。

以前は、仕事と育児は同じベクトルにあると思っていました。
効率化、最適化できるものと思い込んでいました。
その後、仕事と育児は対極にあると思うようになりました。

仕事の時と同じ心持ちで育児に向かっていたとき
育児はものすごく苦しかったですが、

仕事と育児は対極にあると思うようになってから
肩の荷が下りていきました。

育児に慣れていなかった私にとって、育児は最初、
自分の評価を他人軸から自分軸に戻していくような、
自分軸の評価に慣れる訓練の場でもありました。

育児のことで苦しくなったとして、
甘えられる人が身近にいるなら
その人に甘えさせてもらうのも好いと思います。
無理をしないことは大事です。

近くに頼れる人がいなくても
もっとすぐに簡単にできることもあります。

それはいつも身近にいる自分が自分の機嫌を取ってあげること。

その方法があることに気付けると
少しずつ練習できるようになって、
慣れたら時間もかからず場所もとらず、
すぐにできるし、
安心感もあって楽♡になります。

苦手な育児を好きになった方法は自分軸の評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア&コメント、嬉しいです☕
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次