MENU
投稿記事カテゴリー
LINE公式友だち登録

子どもの好奇心が無い?好奇心のスイッチを見つけるヒント

子どもの好奇心のスイッチを探す
  • URLをコピーしました!

2か月前まで、

英語、嫌い、
英語、先生厳しすぎ、
英語、どうでもいい、
と言っていた中学生の息子が、


僕は英語が得意だ♪

と突然言い出すようになりました。

どうやら学校で、その英語の先生に褒められ、意外な顔されたのが誇らしかったようです。

できないという思い込みがなくなると、好奇心の歯車が勝手に回りだすようになります。

⁡好奇心のスイッチはみんな必ずどこかに隠れています。

できないという思い込みの陰に隠れたそのスイッチをできるだけ早い段階で、
一つでも多く見つけられるようにサポートするのが大人の役目ではないかと考えています。
大人とは、必ずしも親のこととは限りません。

以前の息子みたいに、苦い経験と思い込みのせいで
英語を苦手に感じている人たちが、もしかすると世の中にはもっといるのかもしれないと思います。

子どもの好奇心のスイッチを探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア&コメント、嬉しいです☕
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次