黒と艶やかな色を組み合わせる

黒マット花器にピンクのバラの生け花

生けた薔薇。

お店に入った時、
体全体に血液が勢いよく巡るような、
秋の寒さを忘れさせてくれそうな色に目を奪われました。

家に帰り、いつもの透明な花瓶を出したものの、
そういえば、
生け花の先生に見てもらって購入した、
まだ使っていない生け花用の花器があったことを思い出しました。

今年の夏、日本に一時帰国した際に、
それ用の剣山も購入していて、
まだ使っていない。

花の長さを見ると、
横に長い楕円の花器に対して
目安の長さが足りないけど、
まあいいか。

短い花を生けるのも、
1種類だけを生けるのも初めて。

穴があいていたり、折れている葉など、
茎とのバランスを見ながら
落としていきます。

特徴的な形の茎ものはないけれど、
それぞれゆるかやに帯びているカーブを
活かすように削いでいく。

茎が短ければ、葉も短く、
茎と葉を一緒にして長さを取り、
バランスを見て生けていきます。

マットで黒く重みのある、陰を連想させる花器に、
生命力を感じる艶やかで鮮やかな、陽を連想させる薔薇の色がよく映えます。

黒い服に、赤いマニキュアと口紅を添えた女性が
大人の美しさを携えているのと似ているようです。

心豊かに生きるメールマガジン

Official mail magazine

可能性をあきらめない、心豊かに生きる人のメールマガジン。読むだけで未来の変化につながるエッセンスをお届けします。

* indicates required

Intuit Mailchimp

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

コメント

コメントする

目次