出産しました。

9/2 20:36に無事出産しました。 元気な男の子です。

陣痛が始まったのは同じ日の9:00頃。
下腹部に硬い痛みがするな~という程度から始まり、
その痛みの感覚が定期的に間隔を狭めて来ていることがわかり、
それでもまだ耐えられる痛みで陣痛なのか半信半疑だった為12:00頃まで様子をみました。

やがて、その痛みが腿の付け根辺りへと移動してきたため、14:00頃病院へ。
やっぱり陣痛でした。

病院へつくころには、その痛みは腿の付け根をえぐられる痛みへと進展。
分娩室が満員なのもあって、子宮口が開くのを待ちつつ、
陣痛室で陣痛モニターと胎児の心電モニターをつけて待機。
陣痛が来るたびにどうしようもない痛みが襲ってきて、
主人が普通に触れたり話しかけてくるだけで痛みにさわり、神経がぴりぴりしていました。
そこで、それまでは自然分娩にするつもりでいましたが、硬膜外麻酔を受けることに決めました。

ようやく分娩室が空き、18:00頃に分娩室へ移動。硬膜外麻酔をしてもらいました。
それからはやっと主人と普通に会話でき、笑え、陣痛が襲ってくるのも怖くなくなりました。
私は破水もおしるしもなかったので、看護婦さん2人がかりで破水してもらいました。
破水の振動で痛みが走るという理由で、破水をしてもらったのは硬膜外麻酔後でした。

20:00頃子宮口が完全に開いたというので、いよいよ出産。
助産婦さんのリードにしたがって、いきんで、休んで。
胎児の頭が見えてきたときは、触らせてくれました。にゅるにゅるしてました。
その30分後に出産。
カンガルー抱っこをさせてもらったときには、はじめまして、というとても落ち着いた気持ちでした。
見たことの世界に飛び込んできてびっくりしているように見えました。
すぐ別の部屋へと運ばれていかれ、口も鼻も羊水が詰まっていたので産声をあげたのはその数分後でした。

産後2時間、私は分娩室で休み、その間に着替えをしてもらった息子を連れてきてもらい、そこで初めての授乳にトライしたり、歌をうたうと興味深そうに私の口元を眺めていました。

それからはずっと赤ちゃんとお母さんはつきっきり。私の病室に一緒に移動でした。
私の硬膜外麻酔が完全に取れたのは、次の日の3~4:00くらい。
左足の痺れがひどかったので麻酔が取れるのが長引きました。

陣痛の痛みのひどさや出産の進行具合など、何もかも想像と違っていましたが、無事に終えられて何よりの日でした。

マガジンでお会いできるのを楽しみにしています

海外で実現したい夢・目標に向かう方にお届けするメールマガジンを配信しています。
メールアドレスをご入力後、下の送信ボタン(Subscribe)を押してください。
メルマガ解約もワンクリックで行えます。

* indicates required
メールアドレスをご入力後、下の送信ボタンを押してください。メルマガ解約もワンクリックで行えます。

Intuit Mailchimp


バックナンバーをこちらからお読みいただけます

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

コメント

コメントする

目次