MENU
投稿記事カテゴリー
LINE公式友だち登録

ディクテーションの効果を10倍にする フランス語

  • URLをコピーしました!

ディクテ練習に最適なサイトを見つけました。

La Dictée access gratuit

私のボキャ力と書き能力を向上させるには、

1、多読
2、ディクテ

かと思い。

以前、英語を独学していたときはディクテの類は学習時間の10%も満たなかったとおもいます。
仏語の場合、無音字がたくさんあるので、「聞いて」「書いて」「確認する」のが王道かと思い、
このディクテサイトにたどりつきました。

このサイトを選んだ理由は、次の点です。
・ネイティブスピードの音声と、ゆっくり読む音声がある。
・書く時間が適度に設けられている。
・文学作品など信頼できそうな内容のものを使っている。
・レベル別になっている。
・使いやすい解答テキストがある。

答え合わせをするときに、私は次のように工夫しています。
・間違えた部分をすぐ上に書いて訂正する。
・知っている単語でもつづりを間違えたときは左側に書き出す。(この際、フランスでよく見かける、あらかじめ左にマージンが取ってあるノートはこんなとき便利です。)
・わからない単語に全部蛍光ペンを引っ張り、最後に調べる。
・わからない単語を調べる際、単語ノートに書き出し、周辺単語も同時に学ぶ。
・辞書は電子辞書でなく、紙の辞書を使う。

本の辞書を使うのは、脳の可能性を信じているから。フォトリーディングでは、自分が焦点を絞っていない箇所も無意識のうちに脳は吸収するといいます。辞書のページを開いたときに調べたい単語以外の情報も吸収していると信じて、ディクテのときは電子辞書でなく紙の辞書を使っています。そのせいか、あ、この単語の意味知りたかったんだよねという単語が偶然見つかったりします。

それから調べた単語は全部蛍光ペンを引っ張ってます。蛍光ペンを引っ張った単語にぶつかると、「ちゃんと覚えてないなー」と反省します。今は仏和辞書を使っていますが、そのうち、大きめの仏仏辞書に切り替えようと思ってます。

レベル5のディクテを5個くらいし終えましたが、答えあわせをすると間違いばかりでショック・・・
レベル6だと手持ち無沙汰感があるので、やはりレベル5がいい様子。

レベル5のディクテで、1テキストに対して平均8~10個の意味のわからない単語があります。それをせっせと調べてます。

今の疑問は、このディクテで学んだことをどうやって効率よく復習して身につけようかということです。復習しないと記憶はどんどん薄れてしまうといいますから。
もう少し続けてみながら考えて見ます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア&コメント、嬉しいです☕
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次